ワークスタイルブログ

ワークスタイルブログ

2020.06.03

移動の罠。「仕事した感」に要注意~『職場の問題かるた』より~

みなさんこんにちは。

「働き方改革」「生産性向上」言えど叫べど、なかなか変わらない職場のどんより景色。

「どこから変える!?」「いつからやるの!?」たまるモヤモヤモ。みなさんも思い当たる節があるのではないでしょうか。

このコラムでは、NOKIOO顧問の沢渡あまね氏監修の「職場の問題かるた」(技術評論社刊)を使い、職場の「無理」「ムダ」「おかしい」について提言をお届けします。

 

<今回のテーマ>

え:遠路はるばる、行ったり来たり

出展:『職場の問題かるた』(技術評論社 作:沢渡あまね/絵:白井匠/CV:戸松遥)より

 

出張や事業所間の移動もたまにならば、適度な気分転換にもなって良いかもしれませんが、頻繁なのは考えものです。

今回は、昨今話題になっている移動の問題です。

 

◆移動は仕事??

営業職など仕事に移動が多い人ほど、移動時間も「仕事をしたつもり」になってしまいがち。でも、じつはその時間、何も生んでいないのではないですか?

移動の罠。それは「仕事した感」です。

東京~大阪など、ある程度時間がかかる移動であれば(かつ飛行機や新幹線の指定席などプライベートな空間が確保されている環境であれば)その限りではないかもしれません。

 

しかし、短時間の移動や、満員の通勤電車での移動は「浪費」にしかなりません。

移動がなければ、その時間、ほかの仕事ができたのでは? 

Webを活用すれば、その分、営業時間に充てられたのでは?

はたと気づくこともあるのではないでしょうか。

 

移動による「仕事した感」には要注意です。

 

◆スイッチング・ロスにも気を付けて

移動の問題は、環境を切り換える、すなわち、スイッチングすることによる損失も見逃せません。

具体的にはどんなことがあげられるでしょう。

 

・出かける準備にかかる時間や手間

・現地に到着して執務スペースを探す時間や手間

・現地でノートパソコンをネットワークに接続する時間や手間

 

また、スイッチングにより、このような手戻りまで発生させます。

・思考が分断される

・それまでやっていた作業のリズムが崩れる

・それまでやっていた作業の進捗を思い出せない

 

スイッチングに使う時間があれば、コーヒーの一杯でも飲むほうがリフレッシュになり、よほど健康的かもしれませんね。

 

◆相手の時間も奪う移動問題

恒常化した移動は生産性を下げるのみならず、多くのロスを発生させます。

ましてや、相手に移動を当然のごとく要求するのはさらに考えもの。

あなただけが困るならまだしも、相手の時間をどんどん奪います。

 

・移動を伴う会議や打ち合わせの頻度を減らすことができないか?

・Web会議や電話に代替できないか?

 

移動をしなくても、代替案はあります。

まずは手始めに、

「リモートでもOKです」

「Web会議にしましょう」

こんな一言から発してみてはいかがでしょうか?

 

◆職位が高い人ほど移動に敏感になって!

職位が高い人ほど、移動に伴うロスに敏感になりましょう。

それはあなたが不在にしている間、多くの人(部下やお取引先など)の時間を奪いがちだからです。

 

「業務報告ができない……」

「相談したいのに……」

「決裁してもらえない……」

 

あなたが忙しく移動して「仕事した感」に浸っている間、周りの人は「仕事が進まなくて困っている」かもしれません。

ビジネススピードは働く人たちのモチベーションにも影響します。

 

頻繁な移動は、生産性を下げ自身も周りも消耗させます。

移動を減らす方法。あるいは、移動しながら、あるいは移動先でも仕事が滞らないようITを積極的に活用していきましょう

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
『職場の問題かるた』
べストセラー『職場の問題地図』から生まれた、働き方改革の最終兵器。
みんなが思っている、けれどなかなか口に出せない職場の問題を「あ」から「ん」までのかるたにした職場に常備しておきたいコミュニケーションツールです。
▼職場の問題かるた特設ページ
http://gihyo.jp/book/sp/karuta/shokuba

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

≫実践的にモヤモヤを解消したいならこちら

 

 
  • NOKIOO