Challenge Supportチャレンジサポート

edge NOKIOOエッジノキオ

エッジノキオ

edge NOKIOOはNOKIOOメンバーの知の共有と結合を行う場として隔週で開催されています。
1回の開催において2名が発表者となり、持っている知識や新たに得たインプットを、発表者のアウトプットに変えてメンバーに伝えるプレゼンテーション・勉強会の場です。

過去のテーマ(一例)

  • オムニチャネルについて
  • WEBソリューション営業力強化
  • CtoC市場の広がりとフリマアプリ
  • メールだけで信用を勝ち取る
  • チームビルディングとファシリテーション
  • 戦略をシンプルに(Harvard Business Reviewより)
  • AR・動画活用
  • いい価格、悪い価格(Harvard Business Reviewより)
  • 最強のチームを作る
  • カウンセリング営業
  • コンテンツマーケティングについて
  • ON-MO的企業CSRの提案
  • ストックオプション制度の考察
  • 認知科学者のデザイン原論
  • 転職会議リブセンスに学ぶ「ユーザー登録を2倍にする方法」
  • アカウントマネージャーが押さえておくべき会計知識(初級編)
  • UX外部講習会のフィードバック

テーマは参加メンバーが各々発表したい題材を挙げてメンバーで投票をします。多数決で上位2つの題材が次回の発表テーマになります。投票の少なかった題材は、メンバーを成長させるにはまだまだ不足のある題材だろうということで、次回以降のテーマ繰り越しは無し、という仕組みでテーマが決まっていきます。
参加メンバーにとって魅力あるテーマでなければ、なかなか発表の機会を得ることができません。

NOKIOOではこのedge NOKIOOを通じて、理念である「新たな価値を創造する」きっかけづくりを行いたいと考えています。

〜代表取締役 小川のブログより引用〜

いつしかの私のFacebookページでも書いたが、

「変化というものは周りにあわせてしていくのではなく、自分から仕掛けていかなければならないものである。」という一節の前後のストーリーは、NOKIOOの存在価値と照らし合わせながら多くの示唆をいただいた。
弊社の役員の一人がよく言います。
「お客様に提案をする時に、提案の中に自身にとっても新たな技術なり、製品なり、取り組みを入れることを心掛けている。そうしないと自身の成長も無ければ、既成の提案ではお客様にも新たな価値が提供できない。いざ受注して、それの実行段階になると、新しいことだから相当な苦労が伴うこともあるけれど、それが自身と会社のレベルアップにつながる。」と。

という新たな挑戦を仕掛けていく限り、延々と組織の中に新しいインプットをしなければならず、各々の持っている情報や経験したこと、調べたことを他のメンバーにインプットすることで、そのメンバーのレベルアップや、組織としての新たな取り組みにつながるものだと思っている。

このedge NOKIOOの取組みが、NOKIOOの新たな事業やサービス、組織運営、仕事のやり方につながっていくことを信じて継続したい。

開発チームミーティング

マークアップday

開発チームミーティングはNOKIOOのデザイナー・エンジニアの知の共有と結合を行う場として、月に1回開催されています。社員・外部パートナーを含め1回の開催において2名が発表者となり、参加セミナーで得た知識や、デザイン・マークアップの新たな技術やルール、トレンドを共有する場として活用しています。

過去の内容

デザインday

デザインdayでは、各回のテーマに沿ったリマーケティング用バナーを作成する、30分のワークショップを実施しました。
短時間で情報を理解し設計を行い、それをデザインという目に見える形に落とし込むことで、個人の読解力を高めるとともに、制作をよりスムーズに進行する力を身につけます。

事例1 / GWに勉強するITエンジニア向け書籍紹介LPへの誘導バナー
  • GWに勉強するITエンジニア向け書籍紹介LPへの誘導バナー
  • GWに勉強するITエンジニア向け書籍紹介LPへの誘導バナー
  • GWに勉強するITエンジニア向け書籍紹介LPへの誘導バナー
  • GWに勉強するITエンジニア向け書籍紹介LPへの誘導バナー
事例2 / 健康に興味のある女性をターゲットとした野菜通販サイトへの誘導バナー
  • 健康に興味のある女性をターゲットとした野菜通販サイトへの誘導バナー
  • 健康に興味のある女性をターゲットとした野菜通販サイトへの誘導バナー
  • 健康に興味のある女性をターゲットとした野菜通販サイトへの誘導バナー
  • 健康に興味のある女性をターゲットとした野菜通販サイトへの誘導バナー

マークアップday

マークアップdayでは、実際に制作した事案を元にコードレビューを行います。
NOKIOOでは自社のHTMLコーディング規約にのっとり制作を進行しますが、コードレビューを行うことでその規約の制度を高め、より質の高いWEBサイトを提供できるよう努めています。

また、技術革新がとても早いWEB業界において最新の技術や便利ツールなどの共有も行い、実務への導入を検討する重要な場にもなっています。

Vチャレ

Vチャレ

NOKIOOでは一方的な人事考課はせず、会社とメンバーが進むべき方向をすり合わせる作業を大事にしています。

会社の将来ビジョン(方向性)と個人の自己実現やキャリア(方向性)の確認を期初・期中に行い、それに基づいた個人目標設定したものが「Vチャレ」シートです。 メンバーそれぞれが組織の中で貢献し、チームの一員としてのパフォーマンスを最大限発揮し、そして個人のビジョンにも向かっていくことができたら素晴らしいですね。こうした内容をすり合わせるのが「Vチャレ」です。
Vチャレでは、NOKIOO企業理念を「基本となる価値観」や「行動原則」に落とし込み、個人目標の達成度合いやNOKIOOwayにそった貢献がされているかに基づき、複数人による多面的評価で、上長の主観や数字に偏在することのない個人評価制度を実践するためにも利用されています。

「本」とに買っていいのよ

「本」とに買っていいのよ

『「本」とに買っていいのよ』は、業務に必要であったり、自己研鑽に必要な本の購入費用を会社がサポートする仕組みです。
年間で一定の購入額を各個人ごとに持ちます。購入した本は会社内の個人本棚に置いて、メンバーのインプットにも貢献させます。
先に経験した人、先人の学びを抽象化して表現されたものからインプットする。そのインプットと自分の中のファクトと照らして、融合させて、自分の中のモノにする。
スピード感を上げて成長を欲するNOKIOOにとって、本は本当に欠かせない存在です。メンバーに書籍から学び、実践する機会・経験をしてもらうためのサポート制度です。

↑